歩き旅に行こう

歩き旅に行こう

のんびり散歩の備忘録

鋸山散策 其の参『石切場跡』

MSKA7652

 

ついに石切場跡に到着です。

いやあ、見上げてひっくり返りそう。

しかし不思議と圧迫感を感じません。

 

 

MSKA7653

 

別の採石場へと向かう通路も雰囲気がありますね。

 

  

MSKA7661(1)

 

数十メートルの高さはあると思います。

採石は江戸時代から1985年まで行われていたそうです。

このような絶壁になっていくというのは一体どのような作業工程だったのか、気になって調べてみました。鋸山では露天掘りという手法で採石が行われていたようです。 

露天掘り - Wikipedia

 

 

MSKA7681

 

ここが一番奥まったところにある広場。

手前にあるベンチから高さが伝わるかと思います。

季節柄なのか時間帯なのか、だれも人がいません。といいますか、登り始めてからけっきょく幼稚園児のグループしか見かけませんでした。

 

おかげでゆったり、のんびり。

 

むかし使っていたであろう重機が残されており、壁面にも「安全第一」の刻み文字が。重厚な時間が流れています。

 

MSKA7675

MSKA7682

 

 

さて、そろそろ分岐点に戻り日本寺を目指します。

また足元の濡れた急な石の階段を登りました。

ここはロープを持たないと怖かったです。

 

MSKA7690

 

 

日本寺の少し手前に展望台がありました。

人工的な採石場の絶壁と、眼下の森と海と町。

今日は気温が高いので海がかすんで見えます。

 

MSKA7691

 

帰ってきてから知ったのですが、この石切場跡はジブリアニメ『天空の城ラピュタ』のようだと言われているみたいですね。なるほど、と思いました。

違う季節に来れば、また別の表情が見ることができそうな場所です。

 

 

(つづく)