歩き旅に行こう

歩き旅に行こう

のんびり散歩の備忘録

三浦憧憬 #24

活気あふれる魚市場も良いのですが、こういうところも落ち着きます。

三浦憧憬 #23

日没の生け簀にて。

三浦憧憬 #22

浮標の付いた網がこぼれそう。 あらら、こぼれた。

三浦憧憬 #21

剱崎灯台の下の海岸です。 今日はひとり占め。 実はこの日、初めての輪行デビューでした。 まさか自転車でこの場所まで来るとはなあ。 胸がいっぱいになります。

PHOTO BREAK #3

枯れてなお蓮の葉が立ち続けています。 この池は春になるとオタマジャクシで溢れかえります。

PHOTO BREAK #2

お正月に引っかけちゃったのでしょうか。

三浦憧憬 #20

砂浜のはしっこ。

三浦憧憬 #19

波のきらきらが降り注いでいるようです。

三浦憧憬 #18

水上バイクがぷかぷかと波に揺られていました。 運転手の皆さんはどこへ消えたのでしょうか。

三浦憧憬 #17

油壷マリンパークは屋外にもプールがあって、アシカやペンギンなどがいます。 でも特に興味があったのはカワウソ。 ちょうどこの頃 YouTube でカワウソの動画にハマっていたのです。 可愛かったなあ。

三浦憧憬 #16

ところ変わって油壷マリンパークにも来ました。 360度の水槽の中をいろいろな魚が泳いでいます。 サメもうようよ。 メガシャークなどサメの展示に力を入れているようです。

三浦憧憬 #15

この頃はまだ暑い時期。実はわたしも農家で住み込みをしていたことがあって、農作業の大変さは身に染みています。 駅から徒歩十五分くらいの景色です。

三浦憧憬 #14

奥に見えるのが三戸浜海岸。 三浦市は海岸段丘という特有の地形であり、海と畑の距離感も近い。 漁業だけでなく大根や葉物野菜などの農業も盛んです。

PHOTO BREAK #1

これだけ「うみー、うみー、まぐろー」と言っていますが、住んでいるのは山の方だったりします。 なのでたまには、シリーズに収まりきらない写真を紹介しようかな。 そのためのコーナーでも設けておこうかな、と思いました。 * 最近「minolta mc rokkor-pf …

ウェットスーツって Enoshima Calling #34

この日の日中は日差しも温かくなり、サーフィンを楽しむ人たちが多くいました。 とは言っても12月の海。 ウェットスーツというものは寒くはないのでしょうか? 海は好きなのにマリンスポーツはからっきしなのです。

腰越漁港から Enoshima Calling #33

東浜の海水浴場を横断して腰越漁港へ。 堤防沿いを歩いていくと、年季の入った道具が転がっていて興味深いです。

仲見世通りの朝 Enoshima Calling #32

朝八時くらいだったでしょうか。 きょうも一日が始まりますね。

江ノ島富士 Enoshima Calling #31

久しぶりの江ノ島。 あいにくの雲で日の出は見えず……。 ヨットハーバーの空がかろうじて赤味を帯びています。 ところでこの時期は、富士山がきれいに見えるんですね。 しばらく砂浜を歩いて明るくなるのを待ちます。 すると来ました、優しい朝日に染まる雪の…

三浦憧憬 #13

マグロの低温卸売市場の外の様子。 トラックの荷台から冷凍マグロを下ろしているところです。 この直後、フォークリフトのおじちゃんがぐわぁーと近づいてきまして。 「もっと近くで撮んなよ」と気さくに声をかけてくれました。 腰抜けそうでしたが嬉しかっ…

三浦憧憬 #12

みさき魚市場の様子。 次から次へと急速冷凍されたマグロが運び込まれ、取引されていきます。 尾っぽの輪切りの断面を見て品定めするそうですね。 並べ方にも意味があって、例えば脂の乗ったものはこのブロック、みたいに分かれているそうです。 こちらは新…

三浦憧憬 #11

商店街の入り口ですね。 懐かしくこみ上げるものがあります。 土日は観光客でごった返すのですが、平日はのんびりとしています。 このあたりの路地はクモの巣のように入り組んでいて、裏路地にはたくさんのスナックがあります。(入ったことはないのです。)…

三浦憧憬 #10

奥に見えるのが城ケ島大橋。 前回の写真もそうですが、私が市内にいるなんて珍しいことです。 これにはれっきとした理由があるのですが、それは追々。 町中も紹介していきたいと思います。

三浦憧憬 #9

海との距離感が近いです。 この日は波浪警報が出ていて、いつの間にかメガネも潮風に曇っていました。

三浦憧憬 #8

三崎のうらりから出ている、にじいろさかな号。 宮川湾に向かっているところ。 半潜水式の観光船らしく海中の様子を見ることができるそうです。 こんど乗ってみようかな。

三浦憧憬 #7

上から眺めるのもまた楽しかったり。

三浦憧憬 #6

日没時刻になると、岩礁もまた違った趣きを見せてくれます。

三浦憧憬 #5

このあたりだけでなく、三浦半島の岩礁はとても特徴があります。

三浦憧憬 #4

釣りが好きなひとって本当に多いんですね。 たくさんお見かけします。

三浦憧憬 #3

夕暮れ時になり、水産加工場も片づけを始めていました。 真っ黒に日焼けした男性が器用にフォークリフトをあやつり、大きなコンテナを積み上げていきます。

三浦憧憬 #2

みさき魚市場を対岸から望んでいます。

①個人情報の利用目的

 当ブログでは、メールでのお問い合わせの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。


②個人情報の第三者への開示

 当ブログでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

・本人のご了解がある場合
・法令等への協力のため、開示が必要となる場合


③個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止

 ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。


④アクセス解析ツールについて

 当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。


⑤プライバシーポリシーの変更について

 当ブログは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。


⑥免責事項

 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。


⑦著作権について

 当ブログの文章・画像等の無断転載及び複製等の行為を禁じます。

jQueryで「続きを読む」「閉じる」ボタンの付いた開閉パネルの作り方