歩き旅に行こう

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩き旅に行こう

記録と写真

鎌倉~葉山 その2

MSKA2991

 

しゃがみ込んでは時々、打ち上げられた海藻に触った。

さらさら流れる砂に反射して、日差しが心地よい。

波を縫うように犬の散歩をする人、走る人。

歩幅は波のリズムが決めた。

 

 

いったん行き止まり、134号に出る。

逗子に抜けるにはトンネルを通らなければならないようだ。

本線は歩道がないため、わき道の小さなトンネルを通る。

ひんやり風が吹き抜けた。

 

MSKA2948

 

トンネルを抜ければ逗子マリーナ。

背の高いヤシの木を見上げて、しばし立ち止まる。

どこか漂う異国情緒の向こうに富士がたたずむ。

大好きな江の島と並んでいて、それだけで心が躍ってしまう。

 

船の近くで煙がのぼっていた。

小坪港が静かに、暮らしをくゆらす。

日夜どのような営みがあるのか、わたしの想像などきっと及ばない。

ひとの生活に興味を示したじぶんに、驚いてしまった。

 

 

MSKA2951

広告を非表示にする